台北馥華商旅-松江店首頁/Home

ホテルについて / About Us

ホテルについて
一江街に位置し、南京東路、松江路に隣接しています。典雅で大胆な設計で、濃厚な異国情緒が漂い、中山区に優雅でロマンティックな雰囲気をもたらしています。館内90室の客室にはいずれも32インチの液晶テレビ、無料無線インターネット、數位頻道收視系統, 
日本の衛星チャンネル等を提供し、お客様のビジネスの旅の情報におけるタイムラグをゼロにいたします。耐火建材及び自動煙探知設備を備え、すべての宿泊のお客様は安心して優雅で快適な宿泊環境を満喫できます。ロビーでは24時間PC、インターネット、郵便サービス、ファックスを提供し、ビジネス出張に最も便利で親切なサービスを提供いたします。


ホテルの歴史フォワードホテルタイペイの前身は「ヴァイカウントホテル」で、かつて台北市区で一時名を馳せた観光クラスホテルでした。当時、ヴァイカウントホテルの規模及び設備はいずれも最高の選択でした。また周囲の生活機能も健全で、交通が便利なことから、ヴァイカウントホテルがすみやかに、ホテル業界にその名を轟かせ、日本のお客様が来台する際に宿泊に指定されるホテルとなりました。 ホテル1階のヴァイカウントレストランも年配の台北人の記憶の中では消し去ることのできない存在です。ヨーロピアンの内装設計、加えて当時高級といわれたステーキメニューがあり、ヴァイカウントレストランはビジネスの会見、カップルのデートのシンボル的スポットでした。


自由な旅は, フォワードホテルから始まる!
フォワードホテルグループの「誠意、着実、安定、品質要求」の理念を受け継ぎ、フォワードホテルグループのビジュアルシンボルである燕をテーマとし、フォワードホテルタイペイは一羽の自由に天翔ける鳥の翼をトレードマークコンセプトとしました。躍動感あふれビジュアル的に深みのある形で今まさに飛び立たんとする翼のマークには、旅人がフォワードホテルタイペイを出発点としてくれるような希望が込められています。トレードマークのデザインと同時に「Forward」の頭文字「F」をその中に入れることで、見た人がトレードマークと英語の名称の関連性について、フォワードホテルタイペイだと認識できるイメージ及び認知度を向上させます。
英語のトレードマークは非常にモダニズムの感じられるラインの比率でデザインされ、同時に飛翔の軌跡をA及びOの字の中に融合させ、「Aクラスのサービス、円満を達成」といった意味を込めています。その中で、ビジネスホテルの最高級サービスがお客様に成功をもたらすことができるよう期しているのです!